これからを考えると、可処分時間がキーワードになるのか?


最近、リピートしない原因の1番は、忘れちゃうことだよ!と、幹部のみんなによく言います。

そんな話しをすると、なかなかピンとくる人の方が少ないんだけど、

やっぱりそうなんだなーと改めて感じたのが、電車の中を見渡すと、ほとんどの人がスマートフォンをいじってるんですね。

そういう僕も、改めて見渡したくらい意識して見たから分かっただけで、たぶん僕もいつもは電車にのったらすぐスマートフォンを取り出してるんだと思う。。。

だから、どんなに一生懸命サロンワークを頑張って、お客さまが喜んでくれて、また来まーーすwwって、お客さまがニコニコで帰っても、その後スマートフォンを取り出し、なんかのアプリを立ち上げれば、そんなことすっかり忘れちゃうんだ。

1ヶ月が経ち、2ヶ月が経ち・・・頭の片隅には、そろそろ美容室にいかなくちゃ!

と思ってはいるものの、何となく忘れちゃう・・・何となく行きそびれちゃうという人が相当多くなっているんだと、リアルに感じました。

LINE、Facebook、Twitter、グノシー、パズドラ、YouTube・・・

みんな、思い思いになにかやってる。

自分も本当にヤバいなと感じたのは、何か調べたいキーワードがフッと湧いて、スマートフォンを取り出す間に、そのキーワードを忘れてしまい、

あれ!何を調べたかったんだっけ??状態がたまにあること。

マズいよね。

完全に情報の洪水。

しかも自分から溺れにいってるしね^ ^;

そんなこんなしてる間に、美容室の予約を取りそびれてしまい、担当者に対しての申し訳なさ感と、久しぶりですね~と言われるのが面倒くさくなって、新しい美容室だったらクーポンあるし~みたいな自分に言い訳をして、お店を変えちゃう人、けっこういると思います。




〝本気で痩せるならライザップ〝のCMのように、痩せたいならパーソナルトレーナーをつけよう!みたいになるのは自然な流れなんでしょうね。


来たい時にいつでも来て下さいよ~的な経営モデルのフィットネスクラブなんかは、それこそ幽霊会員が増えてるんじゃないかな。


だからこそ、このお客さんにはいつも可愛くいてもらいたい、いつもキレイでいてもらいたいと思えば、より深くお客さまの生活に入り込んでいくというか、良い意味で管理してあげないといけない時代に変わってきたんだと思います。

今までは、不景気・デフレによる〝可処分所得〝の減少が、美容室経営を困らせる大きな要因だったかもしれませんが、

これからは、可処分所得の利用動向と同じくらい、〝可処分時間〝の奪い合いを意識しなければならないのかもしれません。

ふぅ~、改めてすごい時代になったなーと思いますが、ポジティブに考えれば、パーソナルスタイリストってことですよね。

パーソナル・スタイリストってネーミングは格好いいよね!

「僕、○○さんの、パーソナル・スタイリストなんで・・・」って、接客で使いたい^ ^


仲間と飲めば、昔は良かったよね~って会話になりがちだけど、だからと言って昔に戻りたいなんて思わないもんね。


時代がどれだけ進んでも、素敵な未来に向かって、今を一生懸命生き続けたいものです。

時代の変化と生活習慣の変化を前向きに受け入れて、仕事を楽しんでいきたいものですね。