「気分」が良ければ生産性も上がる。


「気分」が良ければ生産性も上がる。


「仕事」と「気分」は切っても切れないものです。気分が悪いと生産性に大きな影響が及ぶからです。反対に、仕事で気分が良く、幸福感を持っている人は生産性が高く、成功しやすいことが研究結果からわかってきました。
「The Happiness Advantage」の著者で、米ハーバード大学でも教えた経験を持つショーン・エイカー氏は、近年注目を集める「ポジティブ心理学」の研究者としても有名です。世界で800万回以上も再生されたTEDのプレゼン「成功と幸福の意外な関係」にも登場した同氏によると、ポジティブな感情を高める行動として、次の行動を習慣的に実践できれば、幸福感を高く、長期間保てるそうです。

まぁ、当たり前っちゃー当たり前だと思うのですが、

以外と、この当たり前ができる職場って少ないと思う訳でして・・・


何が書きたいのかっていうと、8月から始めた個人面談も1クールが終わりそうになりまして、個人的にはかなり手応えを感じています!

やっぱり何のために働くのか?って問われたら、自分の幸せのために働くんですって答えると思うんですよね。

その最も大切にしなければならない部分を、きちんと再確認してほしくてみんなにお伝えしている訳です。


個人面談良いですねー!


朝の清々しい空気とコーヒーをすすりながら、一人ひとりの抱えている課題を解決するお手伝いと、夢の共有ができるのは、もしかしたら自分がこの会社に一番求めていた部分かもしれません。

そのくらい、この1ヶ月半ほど充実しています^ ^

深酒もしなくなりましたv(^ ^)v

僕個人的にもメチャメチャイイ感じです。

スタッフさんの役に立てることが一番のやりがいですわ。


と、いうことでデビュー間近のマッキーこと荒巻君にシザーケースをプレゼントさせてもらいました。

プレゼンターは、技術部長の杉サマです。









マッキー、毎日楽しく頑張るんだよ~♪