ゴールからの逆算


昨日は、約1年振りにミルボンの佐藤社長とお会いすることができました。

僕は、毎回お会いする予定の日が近づくと、いろんなことを聞いてみようと思ってあれこれ考えるのですが、

お会いして最近はいかがですか?と笑顔で聞かれると、聞いてみようと思ってたことがすっかり飛んでしまうんです。

本当にダメですねぇ・・・^ ^;

しかし、今回も会社というものの考え方、育て方など、会話の端はしから、たくさん勉強させていただきました!

そして何より、一番は大きな元気エネルギーをたっぷりといただきました。

ありがとうございました!



今日、エントリーで書きたいなと思ったのが、先日、ミルボンのマーケティング部の方からご紹介いただいた、ミルボン デザイナーズノートというUSTの番組で、

デビュー月の月間売上320万円を売り上げたアフロートの大木さんというスタイリストことです。

これからスタイリストに上がるアシスタントの方や、スタイリストになりたての方、もしくは若干の悩みがあったりする人にもオススメしたいと思います。

何かを感じると思いますよ!是非観て下さいね。




320万円という売上げを作ったことは、もちろん半端ないことだと思いますが、

それ以上に、自分がなりたい未来を決めて、

その為の習慣を決め、行動を全うし、それが実を結んだという・・・

まさに、

思いの種をまき、行動を刈り取り
行動の種をまき、習慣を刈り取り 習慣の種をまき、人格を刈り取り 人格の種をまき、人生を刈り取る

だなーと。

タイトルのように、ゴールからの逆算。

この中で、僕的に心に残った言葉やアクションを忘備録として記載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
売れている人でコツコツやっていない人はいない

お客さまからしても、自分の担当の美容師さんは頑張っている人の方がいいと思う

美容を本気でやっているとか、私のことを本気で考えてくれているとかが、信頼関係やリピートに繋がる

自分がこうなりたいと高く思い続ける人が売れていく

コツコツやっている人が売れているということは、どこでも変わらない

お客さまにとって、マメに嬉しいことや、記憶に残ることをやっている人は絶対に売れる

細かいことでも、やり続けることが大事

この仕事は一人では成り立たない。一人ひとりの力を合わせてチームになる

次の世代を育てるのは大きな役割り

僕以上になって欲しいから教えるんだよ

どれだけお客さまと向き合っているか、信頼を得ているか

〝なじみ〝を分かってくれる美容師さんが、その人にとっての世界一

進化する自分を見せ続けていくこと

シンプルなことを真剣にやれば、数字は後からついてくる

自分自身を裏切らない

美容のすばらしさを世界中に広めたい。だから陽の当たらない時こそ勝負

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

いやぁー、美容の世界は奥深いっ!!

だから面白いんだね。

メールでお知らせします

ページビューの合計