全ての美容師の思い


さて、先週の日曜日は、今期2回目の橋本学先生のカウンセリング講習でした。

僕は、この講習に入る前に、この2ヶ月の中にあったことや、自分の心の中の変化を報告するのですが、

7~8月にあったことを伝えながら自分の棚卸しをすると、

今年の8月は、きっと10年後の自分が、あの時がターニングポイントだったんだなと振り返るであろうほど、いろんな意味で濃ゆい月でした。


ふぅーーー

話しをもとに戻しますね。


で、橋本先生から、

「明日のヘアケアマイスターの授賞式で、合格者のみなさんにお話ししようと思っている内容を、今日の講習の中に盛り込んでみますね。」

と、おっしゃって下さったので、どんなことを話されるんだろうと思いながら、講習がスタートしました。


橋本先生「あなたの仕事は何ですか?」


うっちー「私の仕事は美容師です」


橋本先生「そう、たいがいの美容師さんはそう答えるよね。


これをね、〝私の仕事は美容を通じて、お客さまを幸せにする仕事です〝にして欲しいんだよ。」


これを聞いて僕は、〝私の仕事は美容を通じて、お客さまを幸せにする仕事です〝ってフレーズは、よく美容室のホームページに書いてある経営理念だよなーと思いました。


〝私の仕事は美容を通じて、お客さまを幸せにする仕事です〝

とか、

〝私たちは美容を通じて、地域社会に貢献します〝

みたいの、よく見るもんね。


ところが、講習が進むにつれ、その言葉の本質的な意味を、ほとんどの美容師さんたちが勘違いしてしまっていることに気付くと、

目からウロコが落ちると言ったらいいのか・・・

頭をハンマーで打たれたくらいの衝撃と表現した方が良いのか、

そのくらいヤバい、ヤバい、ヤバい・・・・・

ニュートンが万有引力を発見したくらいヤバい。


なんせ、そのくらい、手段が目的化してしまっている、今の美容業界全体の認識のあやまりに、気付けるか気付けないかで、後の美容師人生が全然変わるなーと感じました。

この言葉の真の意味に、気づけたら美容師人生は勝ちだね。


以外と簡単なこと過ぎて、気付けないのかも。



そのくらい真理が入ってますよ。この言葉。


いつもいつも、橋本先生、ありがとうございます!!

メールでお知らせします

ページビューの合計