自由な発想をもっと楽しもう


先日、録画しておいた番組を見て感じたこと。

お正月の深夜番組で、面白いビジネスを紹介している番組があって、昨晩見ていました。

ロイヤルリムジンタクシーという会社さんが始めた、パパラッチタクシーというサービス。

お値段15万円~という高額サービスにも関わらず、メチャメチャ話題を呼んでいるそうです^ ^


サービス内容としては、トヨタのピンクのクラウン(↓コレですね)のタクシーが、


街中を注目を浴びながら、クルージングし、目的の場所に到着すると、↓のように


レッドカーペットが敷かれ、海外セレブが登場したかのごとく、カメラマンが配置され、自然とギャラリーが集まってくるサービスなんだそうです。


これが、結婚式の二次会などのニーズで人気なんだそうです。

そうだよね。。。

一生に一回と思えば、こういう演出を楽しむこと自体が思い出ですもんね。

テレビで紹介されていた方は、外人の女性モデルとピンクラ(ピンクのクラウンww)から登場したところをパパラッチされたような写真を撮って、年賀状の素材に使うって言ってました。

このサービスは、

・ピンクのクラウン
・レッドカーペット
・カメラマン
・若干のギャラリーのキャスティング
・必要によってモデル

を、手配し、組み合わせることで生まれたサービスですが、きっと普通のタクシー会社の会議の中では絶対に生まれないと思う。

介護タクシーや、妊婦タクシー、学童タクシーといったニーズの深堀りから生まれる必然性の高いサービスを提供することも大切だと思うけど、

せっかくなら、こういった遊びゴコロ生まれるサービスをドンドン生み出していきたいなと思う。


美容師という職業に、遊びゴコロを加えた付加サービスって何だろう・・・

なかなか答えは出ないのでしょうが、こうやって仕事の発想を楽しんでいきたいものですね。

+++++++++++++++++++++++++++++++
☑ 今日の気づき

いろんな本やブログ、メルマガなどから大事だなと思ったことをアウトプット
+++++++++++++++++++++++++++++++

 『一流の人は上手にパクる 仕事のアイデアがわいてくる大人のカンニング』より

外部情報を自分のアイデアに換えて形にするには、主に3つのステップがあります。

(1)仕入れ
(2)仕込み
(3)仕掛け

この3つです。すごくシンプルでしょ?

(1)の仕入れとは、いかに情報収集するか?
情報の質と量を確保する仕組みです。

(2)の仕込みとは、いかに自分の頭に委ねるか?
入って来た情報をいかに熟成させるかです。

(3)の仕掛けとは、いかにアウトプットするか?
俗にいう提案やプレゼンといった類いのものです。

過去の私を含め、いけてないビジネスパーソンは、(3)のスキルばかりを磨こうとします。
プレゼンスキルを磨いたり、説得する技術を学んだり、場合によっては詐欺まがいの技術なんかも・・・

これは、料理に置き換えて考えてみると分かりやすいかもしれません。

仕入れや仕込みが中途半端な料理を盛りつけだけでなんとかしようとしても、美味しくはならないですよね?

「仕入れ」と「仕込み」をいかに取り入れるかの段階で、実は、アウトプットの勝負は決まっているのです。

とはいえ、大量の情報があふれる我々が生きるこの時代において、いたずらに情報量を増やせば良いかというと、もちろんそんなことはありません。

それどころか、むしろ逆効果です。
情報過多は思考停止の元ですから!

良質なアウトプットをするために「いかに仕入れるか?」

学生時代のカンニングは処罰の対象となりますが、我々社会人のカンニングは、むしろ評価の対象となります。
大人のカンニングは積極的にやりましょう!

"面白いようにアイデアがわいてくる"ビジネスパーソンになるための具体的なスキルが随所に散りばめられています。