社会人になっての教育ってなんだろう




社会人になってからも、教育という言葉ってよく使われますよね。

たまに不思議に思うんです。

大人になってからの教育って何なのか?について。


美容師における技術の習得のようなものも当然゛教育゛と呼ぶのでしょうが、

(教育カリキュラムと呼ばれてますからね^ ^)

自分達が目指すものに対して、メンバー全員で徹底的にこだわっていくことも、教育という言葉で語られているのかなと思いました。

「このお店(会社)のスタッフって教育が行き届いているよね!」

こんな会話って、社会人になるとすごく多いなぁ~って、ふと気付いたんですね。

その教育って、座学で得た知識や、練習で習得した技術の類ではなく、

このお店(会社)が目指す理想の空気感みたいなものに対して、スタッフが気分で仕事をやっていないなと。

ゲストやクライアントの期待感を裏切ることなく、高いパフォーマンスを提供することにメチャメチャこだわっているお店や会社のことを、

人は教育が行き届いているお店(会社)と評価するんですね。


そんな人間が集まると、人の行動の積み重ねで「ブランド」になれるんだなと。

それは、スゴイよね!!

有名店は、たくさんの人の素晴らしい行動の集積の上で成り立っているものなんだなと、改めて気づきました。


社会人になり、会社やお店などに所属した時に使われる「教育」という言葉は、

社会貢献を経済活動として行った時に自分たちが何を目指し、どんな幸せを提供するのかというマインドセットの共有と一人ひとりの行動へのこだわりの部分のことを言うのかなと思いました。


ガラにもなく、今日は何だかちょっと哲学的だなぁ~~(汗)


たぶん、さっきまで話していた伊藤くんが一生懸命話しを聞いてくれてたからかもしれないな。


今日はそんなことを思っていたら、人を育てるということに必要以上に負担を感じずに、

俺たちのお店ってこうしたいよね!って想いをたくさん共有することを決して忘れないようにしようねって幹部のみんなに言いたくなりました。


1年が半分が過ぎ、1年って早いなぁ~と思いつつも、着実に育っていってくれている、みんなに感謝です。

メールでお知らせします

ページビューの合計