カウンセリングが得意な美容師さんは、無意識に最新マーケティングの概念を実践している



今日もマーケティングのお話し。

何回か書いたのですが、マーケティングとは顧客の創造のこと。

分かりやすく言うと、この製品、サービスを待ってたんだよね!って気づいてもらうことで「お客さんになってもらう」ことの取り組み全般を表します。


で、このマーケティング業界の神様と呼ばれるフィリップコトラーさんが提唱する、最新マーケティング発想が、マーケティング4.0と呼ばれるものです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++


詳細は分かりやすいので、ガイアックスさんのホームページを見て下さい^ ^

http://gaiax-socialmedialab.jp/socialmedia/407

マーケティングの概念の進化

マーケティング1.0:製品中心主義(Mind)
マーケティング2.0:消費者志向(Heart)
マーケティング3.0:価値主導(Spirit)
マーケティング4.0:自己実現(Self-Actualization)

【マーケティング4.0の考え方】

そのモノやサービスを利用した結果、どのような自分になれるのかを提案しなければなりません。

例えばダイエット商品を売り出すにあたり、マーケティング3.0で必要なのは「理想の体型に近づける」という効果のアピールです。

しかしこれからは、理想の体型に近づいた結果、何を実現できるのかまで提案していく必要があるのです。

ダイエットの例で言うならば、「その結果、周囲の人たちから憧れの眼差しで見られたり、自分に自信が持てることで能動的な自分になれる」といったところでしょうか。

この概念のポイントは、理想の体型に近づくために必要なのは、必ずしもそのダイエット商材でなくてもいいというところです。もし顧客がそのダイエット商材に興味がなかったとしても、「周囲の人たちから憧れの眼差しで見られたり、自分に自信が持てることで能動的な自分になれる」という目的のためなら、企業は運動訴求をするとか、精神面から自分に自信を持たせるなど別のアプローチが可能になりますよね。

ここまで意識を深めることで、企業は本当に強いモノやサービスを生み出していくことができるのだと考えられます。

なお、これはマズローの欲求5段階説で言うところの最上段「自己実現欲求」を満たすことと同意です。

 +++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、ここからは美容室の話し。

このマーケティング4.0の概念って、美容師さんのカウンセリングによく似ていませんか!?

美容室で髪の毛をキレイにすることでお客さんが得られるものは、⇒ 「その結果、周囲の人たちから憧れの眼差しで見られたり、自分に自信が持てることで能動的な自分になれる」ってことではないでしょうか!


他の業界では、このようなものをリサーチを何回もかけ、仮説と検証を繰り返す作業を何度も何度も行います。

で、美容師さんて・・・

そう、

目の前のお客さまと向き合って、その気持ちを引き出してあげられればOKなんです。

それを引き出すのが、カウンセリングのチカラ。

カウンセリング力のある美容師さんになると、施術と会話でお客さんに夢が見せられるのです。


日々のお客さまと向き合う中で、こんなことをちょっと思い出しながら、お話ししてみると面白いかもしれません。


毎日のお客さまに行っていることが、最新かつ最上級のマーケティングの概念なんだと。


今日は最新のマーケティングの概念と美容師の仕事の共通点についてでした。

メールでお知らせします

ページビューの合計